公式サイトよりわかりやすい!モギカバンランドセルの特徴5つと注意点5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「モギカバンのランドセルっていいの?」「どのモデルがおすすめ?」「失敗はない?」など気になりますよね。

1929年創業のモギカバンは雑誌やネットで注目を集め、人気急上昇中の老舗工房。

ここでは「MOGIランドセル」の魅力を口コミや評判と共に、ランドセルフィッターの目線で解説しています。

このページを読めば、モギカバンのメリット・デメリットが分かり、ランドセル選びの質をグッと上げることができるでしょう。

この記事がお役に立てば幸いです。

筆者プロフィールこの記事の筆者
4児のママ兼ランドセルフィッターの「あや」です。
お子様のからだへの負担が少ないランドセルの選び方や最新情報を発信しています。ぜひご活用ください。

1. モギカバンの特徴5つ

モギランドセルのポイントは次の5つ。

  1. 熟練職人による一針入魂の「手縫い
  2. カバン専門店ならではの「上質な革
  3. 匠の技「アメ豚一枚通し」仕立て
  4. イマドキのあたりまえ機能「立ち上げ肩ベルト
  5. 遠方でも試せる「サンプル貸出サービス

それぞれ口コミや評判を紹介しながら解説していきますね。

1-1. 熟練職人による一針入魂の「手縫い」

モギカバンランドセルの手縫い

モギカバンのランドセルは背板と本体の接合部「ヘリ」などを手縫いで制作しています。

ミシン縫いなら1時間に20本くらい縫えるのに対し、手縫いはわずか2~3本程度。つまり10倍の手間をかけてランドセルを作っています。

手縫いとミシン縫い

しかしミシンの性能も年々進化しているので、じつはミシン縫いでも強度は6年間十分安心できるレベルです。

ではなぜ、わざわざ手間のかかる手縫いをしているのかと言うと、決して妥協しないモギカバンのプライドや精神、こだわりの部分。

パフォーマンスで数針だけを手縫いしてしる某有名工房とは違い、モギカバンは本物の工房ということ。

モギカバンの口コミ・評判

  • 手縫いによる職人技を感じた。丈夫なランドセルで6年間安心して使えた。
  • カバン(ランドセル)専門店ならではの対応で安心して購入できた。

モギカバンの手縫い技術を求めるのであれば、ヘリも手縫いで作られている「たくみシリーズ」か「プラチナシリーズ」がおすすめです。

1-2. カバン専門店ならではの「上質な革」

モギカバンランドセルの素材

モギカバンの本革ランドセルの素材は、コードバン(馬の尻革)はヨーロッパから、牛革は北米もしくはオーストラリアから輸入されています。

モギカバンの口コミ・評判

  • 天然皮革(牛革/馬革)スムースの風合いと高級感が良かった。
  • 天然皮革だけでなく、人工皮革(タフガード/クラリーノ)のラインナップも充実していた。

主に革の産地は国産・イタリア産・ニュージーランド産などがあり、激安ランドセルなどには品質が良くない中国産が使われ、産地を隠しているケースが多いです。

逆にモギカバンが産地を公開している理由は品質に自信があるからです。革の産地は生地そのものの品質を知るひとつの目安となります。

最近の革加工技術はかなり良くなっているので、安い中国産が使われていても素人目ではまず違いはわかりません。しかし表面を加工しているだけなので、革そのものの品質が良くないと劣化が早く、すぐにボロボロになってしまい6年間はもちません。革の産地を教えてくれないメーカー/工房は慎重に検討してください。

1-3. 匠の技「アメ豚一枚通し」仕立て

モギカバンランドセルの一枚通し

モギカバンではかぶせ部分と本体との間に継ぎ目がない、珍しい仕立てのランドセルも制作しています。

この「一枚通し」という製法は、通常よりも高い技術と時間が必要なため、ほとんど見かけることはありません。

モギカバンの口コミ・評判

  • 「アメ豚一枚通し」に一目惚れした。ゴミとかたまらなくて使い勝手も良い。
  • 子どもが使うものは確かなモノをと思い、歴史あるカバン店だったので買いました。

一枚通しはゴミが溜まらないというメリットもありますが、なんと言っても見た目の美しさが最大の魅力。

内張の素材は摩擦に強い豚革が使われていて、使い込むと「飴色」に変化することから「アメ豚」とも呼ばれる高級素材です。

※アメ豚一枚通し仕立ては「たくみコードバン」もしくは「たくみプレステージ 牛革スムース」のみ。

1-4. イマドキのあたりまえ機能「立ち上げ肩ベルト」

モギカバンランドセルの機能

モギカバンのランドセルは、背中にランドセルがフィットする「立ち上げ肩ベルト(ウイング背カン)」を全モデル採用しています。

立ち上げ肩ベルトはランドセルを正しい位置で背負えるため、体感が軽くなり、お子様のからだへの負担を軽減します。

モギカバンの口コミ・評判

  • 土屋、山本、池田を試しましたが、一番軽いと言っていたモギにしました。
  • うちの子は体が小さいので負担の少ないランドセルが見つかって良かった。

セイバン天使のはねフィットちゃんなどの大手量産メーカーではあたりまえ機能になっているのですが、工房系で採用しているのはまだまだ少ないのが現状。

脱ゆとり教育の影響でランドセルが重くなり、腰痛をうったえる小学生が多い中、イマドキなくてはならない機能のひとつです。

1-5. 遠方でも試せる「サンプル貸出サービス」

モギカバンランドセルのサンプル貸し出しサービス

工房系ランドセルのデメリットは、店舗数・取扱店が少ないので気軽にフィッティングできないという点。

しかしモギカバンの「サンプル貸出サービス」を利用すれば、自宅でじっくりと実際に見て、触って、背負うことができます。

モギカバンの口コミ・評判

  • 安い買い物ではないので商品を見ずに買うのは不安でしたが、サンプル品を確認できたので安心して買えた。
  • 店舗や展示会には行けなかったのでサンプル貸出を利用。届いたランドセルに本やノートを入れて背負わせました。
  • 売り場でテンションが上がってしまい冷静な判断ができない心配もないし、店員さんの目も気になりません。

返送時の送料はお客様負担になりますが、モギカバンの店舗がある群馬・栃木に行くのが難しい家族にとっては助かるサービスです。

2. モギカバンの注意点5つ

モギカバンの注意点は次の5つです。

  1. 構造は「学習院型(従来型)」と「キューブ型」の2種類
  2. シリーズによって「背カン」が異なる
  3. シリーズによって「収納力」が異なる
  4. モデル・カラーによって「反射材・安全ナスカン」の仕様にバラつきあり
  5. 人気モデルやカラーは「即売り切れ

それぞれ順に解説します。

2-1. 構造は「学習院型(従来型)」と「キューブ型」の2種類

モギカバンの学習院型とキューブ型

モギカバンで販売されているランドセルの構造は「学習院型(従来型)」と「キューブ型」の2種類があり、それぞれの特徴は次の表で解説しています。

  学習院型(従来型) キューブ型
メリット
  • ヘリに皮革を巻いて縫い合わせているため強度が高い
  • ヘリが出っ張っているためランドセルの側面に傷がつきにくい
  • 明治30年から100年以上の実績がある
  • ヘリがないためコンパクトで収納力が高い
  • 見た目がスッキリしていてスタイリッシュ
  • 昔の規格の幅が小さいロッカーでも出し入れスムーズ
デメリット
  • 同じ容量のキューブ型と比べ、ランドセルの外寸が大きくなる
  • 小柄な子が背負うとランドセルが大きく見えてしまう
  • ヘリがないためランドセルの側面に傷がつきやすい
  • 特殊なミシンを使用するため国内で製造できるのは現在4メーカーのみ
  • 長く使用された実績が少なく、補強など耐久性アップは発展段階

どちらの構造が頑丈か?と聞かれたら私は「学習院型(従来型)」と答えますが、最近のキューブ型は補強パーツの研究も進み6年間の使用に十分耐えることができます。

某製造メーカーが「修理依頼件数は学習院型とキューブ型どちらも同じくらいの比率」と発表していることや、6年保証も付くことから、強度面よりもデザイン性や使い勝手を重視して選んでも問題ありません。

ただしモギカバンのキューブ型は他メーカーが製造していると考えられるため「モギオリジナル(手縫い)がいい!」という方は学習院型(従来型)を選ぶと良いかと思います。

2-2. シリーズによって「背カン」が異なる

モギカバンの背カンの違い

モギカバンランドセルにはウイング背カンが使われていますが、可動部が「樹脂のタイプ」と「金属のタイプ」の2種類あり、シリーズによって使われている背カンのタイプが異なります。

どちらのタイプもフィットちゃん背カンのように左右別々に動く背カンなのですが、肩ベルトの立ち上げ角度や左右の可動域、ベルトの形状(カーブ)も異なるため、背負い心地が変わります。

一度フィッティングしていても売り切れなどで別シリーズを検討する場合は、再度フィッティングが必須となります。

2-3. シリーズによって「収納力」が異なる

モギカバンの収納力の違い

モギカバンランドセルの内寸(大マチ)は3種類あり、シリーズごとに収納力に差があるので注意が必要です。

横幅 マチ幅 シリーズ
23.2cm 12.5cm たくみシリーズ
プラチナシリーズ
23.5cm 13.0cm ユニバーサルシリーズ
プリズミックシリーズ
インペリアル スタンダード
23.8cm 13.5cm インペリアル プレミアム

横幅はすべてのシリーズがA4フラットファイル対応の23cm以上になっていますが、「たくみ、プラチナ」は23.2cmのギリギリサイズのため余裕少なめです。

マチ幅は主流の12cmより大きく作られているため、全シリーズ標準以上の収納力になっています。※マチ幅0.5cmでノート2冊分くらい収納できます

収納の容量だけで考えれば「マチ幅13~13.5cmのシリーズ」となりますが、モギのオリジナル性が高いのは「たくみ、プラチナ」になります。

2-4. モデル・カラーによって「反射材・安全ナスカン」の仕様にバラつきあり

モギランドセルのナスカンの違い

モギカバンのランドセルは自社製品の他に、キューブ型はキューブ型の製造メーカー、インペリアルシリーズは大峽製鞄、というようにいろいろなメーカーが作っています。

そのためモデルによって反射材や安全ナスカンの仕様や有無が異なるので注意してください。

モギランドセルの鋲の違い

上の写真のようにカブセの反射鋲に至っては同じモデルでもカラーによってハート鋲(反射なし)になります。

カタログやホームページでは詳しい説明がない点は不親切だと思います。購入前に確認しておくと失敗しません。

2-5. 人気モデルやカラーは「即売り切れ」

モギカバン完売情報

モギカバンは雑誌に取り上げられたことや、SNSで口コミが広がり人気が急上昇。知名度は全国レベルになりました。

さらに次の表のように他の有名工房と比べても、モギカバンのランドセルは高品質かつリーズナブルなため人気のモデルやカラーの売り切れは早いです。

価格帯 天然皮革 人工皮革
モギカバン 60,000~98,000円 50,000~63,000円
鞄工房山本 57,000~179,000円 59,000~64,000円
土屋鞄 69,000~120,000円 59,000~69,000円

今年度は、5月店頭販売開始、6月オンラインショップ販売開始、7月売り切れ商品が出始める…といった感じ。気になる商品があれば早めの行動をおすすめします。

3. モギランドセル人気ランキング

モギランドセルの人気モデルを男女別に紹介します。

3-1.女の子に人気のモデル

モギランドセル人気ランキング女の子

  1. プリズミックスヴィクトリアンハート
    (クラリーノ/キューブ型)
  2. プリズミックス プリンセス
    (クラリーノ/キューブ型)
  3. たくみ スタンダード
    (牛革スムース/学習院型)
  4. ユニバーサル
    (牛革ボルサ/キューブ型)
  5. プリズミックス ロココハート
    (クラリーノ/キューブ型)

女の子向けは可愛い刺繍が入ったプリズミックスシリーズが人気。軽い素材「クラリーノ」とコンパクト構造の「キューブ型」の組み合わせがおすすめです。

3-2.男の子に人気のモデル

モギランドセル人気ランキング男の子

  1. たくみ スタンダード
    (牛革スムース/学習院型)
  2. ユニバーサル
    (牛革ボルサ/キューブ型)
  3. たくみ プレステージ
    (牛革ボルサ/学習院型)
  4. たくみ エクセレント
    (クラリーノ/学習院型)
  5. ユニバーサルプレミアム
    (クラリーノタフロック/キューブ型)

男の子向けは牛革モデルが人気。黒のボディにアオ・アカ・ゴールドなどのステッチカラーでアクセントをつけると印象がグッと変わります。

5. モギカバンのランドセルはどこで買う?

モギカバンのランドセルは「公式通販サイト」か「直営店舗」で購入できます。

店舗は群馬県、栃木県にしかないので、遠方の方はまずカタログ請求サンプル貸し出しサービスを利用しましょう。

5-1. 公式通販サイトで購入

MOGIオリジナルランドセル 公式通販サイト

MOGIオリジナルランドセル公式通販サイトの支払方法は、クレジットカード、銀行振込、代金引換(手数料648円)の3種類。ランドセルの送料は全国どこでも無料。

注文確定後ランドセルを作り始めるため納期は11月頃から3月中旬。完成次第メールで連絡が届き、その際に配達希望日の指定可。

5-2. 直営店舗で購入

モギカバン店舗

群馬県 桐生本店
〒376-0031 群馬県桐生市本町5-369
TEL:0277-22-3824(毎週水曜定休日 10:00~19:00)
太田店
〒370-0314 群馬県太田市新田市野井町556-1 ジョイフルホンダ ニコモール1F
TEL:0276-20-9309(定休日なし 9:00~19:30)
栃木県 足利店
〒326-0823 栃木県足利市朝倉町245-5 アピタ コムファーストS.C.2F
TEL:0284-71-4543(定休日なし 10:00~20:00

群馬・栃木にお住まいの方は「サンプル貸し出しサービス」を原則利用できないので実店舗へ足を運んフィッティングしましょう。

6. ランドセルは背負い比べると違いがわかる

ランドセルの見た目はほとんど一緒のため「いったい何がどう違うの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

カタログやホームページにはメーカーの良い部分の情報しか載っていないので、ランドセル選びはとにかく実物を見て、触って、背負い比べることが大事になります。

実際に背負った感じはフィットしていてとても良かったのですが、本人はすぐに「重い!」さらに、どこか痛いとこはないか聞くと「バックルがあたる、わき腹付近が痛い」と言っています。
ちなみに、セイバンやフィットちゃんを試着させたときは特に何も言ってませんでした。

どんなに評判の良いランドセルでも、自分の子供にピッタリとは限りません。必ずフィッティングして最高のランドセルを見つけましょう。

6-1. モギカバンと比べてほしい3メーカー

当サイトがおすすめしているランドセルは次の3つです。

  • 天使のはね(セイバン)」高機能・高性能・高品質の業界最大手。決められない人、失敗したくない人におすすめ。
  • フィットちゃん(ハシモト)」モデル・カラー・価格帯が豊富。たくさんの種類から選びたい人におすすめ。
  • キッズアミ(ナース)」テレビCMなしでも口コミで高評価。頑丈なキューブ型や大容量型を探している人におすすめ。

この3つのメーカーは「丈夫さ・軽く感じる機能・安全性・快適性・収納力」の面で、ランドセルフィッターが自信をもっておすすめできるレベルになっています。

そして何より全国各地に取扱店があるので実際に試せるということ。

どのメーカーやモデルを選ぶさいも、まずはご紹介した3メーカーと比べて良い点、悪い点を検討すると、ランドセル選びの質がグッと上がります。

6-2. 失敗しないランドセルの選び方

  1. 軽く押して「型崩れ」しない?重要!
    ラン活チェックリスト01
    丈夫さ・頑丈さを比べるには、ランドセルを抱きかかえて少し力を加えてみよう。
  2. 内側に「金属」などがむき出しになっていない?
    ラン活チェックリスト02
    教材や指・爪が引っかかってケガしないかチェック。同時に底面を外して掃除できるかも確認しておこう。
  3. 肩ベルトや背あてなど「痛い」ところがない?
    ラン活チェックリスト03
    特にからだに直接触れる肩・腰・背中は要チェック。腕を振ったり、しゃがんだり、いろいろなポーズで試してみよう。
  4. 背あて・肩ベルトの「通気性・クッション性」は?重要!
    ラン活チェックリスト04
    小学生の通学時間(往復)の全国平均は47.3分。夏場の炎天下や、ランドセルの重量をカバーする快適性をチェック。
  5. 背中とランドセルに「すき間」はない?重要!
    ラン活チェックリスト05
    背中とランドセルの間にすき間ができる場合、軽く感じる効果はゼロだと思ってください。ベルト穴を調整して要確認。
  6. 正しい「姿勢」で背負えてる?
    ラン活チェックリスト06
    腰痛や猫背の原因にならないように、からだの線が傾いていないか、背中とランドセルの中心がそろっているかチェック。
  7. 動き回っても「ブレ」ない?
    ラン活チェックリスト07
    安定しないランドセルは重心もブレて負担増。前後左右やジャンプしてみても大丈夫かチェックしましょう。
  8. 「重り」を入れて背負ってみた?重要!
    ラン活チェックリスト08
    空っぽのランドセルを試着しても意味がありません。ペットボトルなど2Kgくらいの重りを入れて、教材が入った状況をシミュレーション。
  9. フックは「外れる」安全機能付き?
    ラン活チェックリスト09
    自転車・バイク・自動車・電車の扉…想像するだけで恐ろしい巻き込まれ事故、引きずられ事故は未然に防げます。
  10. 肩ベルトに「防犯ブザー」の取り付けはできる?
    ラン活チェックリスト10
    とっさの時に対応できるように、利き手と反対側の肩ベルトに。塾用バッグなどに付け替えるさいに、取り外しが簡単かなども確認しておこう。
  11. 前後左右に「反射材」がついてる?重要!
    ラン活チェックリスト11
    デザイン性優先で反射材が不足しているランドセルに注意。360度どの角度からでもドライバーにいち早く発見してもらおう。
  12. 「A4フラットファイル」に対応している?
    ラン活チェックリスト12
    いまどき主流のA4フラット対応モデル。どうしてもこのモデルが欲しいとき以外は、A4クリア対応を選ぶメリットはないと思います。
  13. 錠前はお子様が「ロック」しやすいか?
    ラン活チェックリスト13
    錠前も各メーカー触ってみると違いがわかります。オートロック付きか、左右どちらにも回せるか、ケガ防止カバーは付いているか、などを確認。
  14. 「持ち手」ハンドルはついてる?
    ラン活チェックリスト14
    お子様は教室のロッカーにランドセルを入れるさい、持ち手がないとカブセを掴んでシワの原因に。大人にとっても持ち手ナシは不便です。
  15. 子どもが「主役」になってる?最重要!!
    ラン活チェックリスト15
    お子様にとってランドセルは小学生最初の大イベント。憧れていたお兄ちゃんお姉ちゃんになるための証でもあります。
    ぜひお子様の意見や個性を尊重して、お子様の成長を見守ってあげてくださいね。

7. まとめ

モギカバンは老舗工房の伝統技術を継承しつつ、昨今のランドセルの大型化や立ち上げ肩ベルトなど、時代にマッチした商品を生み出しています。

一方でシリーズによって構造や機能、サイズの違いがあるため、モデル選びには注意が必要です。

また完売が早いことや、実店舗が少ないことで実物確認が難しいケースも少なくないと思いますが、お子様が6年間使うものなのでしっかりフィッティングして見極めてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加