激レア!男の子のパープル(紫色)ランドセル|超希少な16モデルまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ランドセル パープル

「男の子用のパープルランドセルはないの?」

紫色のランドセルを探しても探しても見つかるのは女の子用のばかり…もう青や紺でガマンしようかな(涙)

そんなパパママさんへ、男の子向けパープルランドセル厳選16モデルをご紹介します。

これまで発見できなかった紫のランドセルにきっと出会えるはずです。

イマドキのあたりまえ機能「負担軽減、安全性、収納力」についても解説しているので、小学校6年間お子様の成長と安全をしっかりサポートするランドセルを選ぶことができます。

この記事がお役に立てば幸いです。

筆者プロフィールこの記事の筆者
4児のママ兼ランドセルフィッターの「あや」です。
お子様のからだへの負担が少ないランドセルの選び方や最新情報を発信しています。ぜひご活用ください。

1. ボディカラーがパープルのランドセル 11選

(1)羽倉「耐性牛革スタンダード」

羽倉 耐性牛革スタンダード ディープパープル

耐性牛革スタンダード

鋲なしフラップ(かぶせ)、コバ塗り、と羽倉の魅力を存分に楽しめる男女兼用の紫ランドセル。

価格62,700円
カラーディープパープル
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★
主な素材耐性牛革/コードレ(人工皮革)
重量約1,330g
大マチ幅12cm

美しき羽倉ランドセル|知れば知るほどどっぷりハマる5つの理由

(2)羽倉「オーダーランドセル」

羽倉 オーダーランドセル ディープパープル

耐性牛革スタンダード

ディープパープルをベースに組み合わせ、多彩なバイカラーを楽しめます。ブラックの背あてカラーを選択することで、より引き締まった印象に。

価格64,900円~
カラーディープパープル、他
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★
主な素材耐性牛革/コードレ(人工皮革)
重量約1,330g
大マチ幅12cm

(3)萬勇鞄「ベーシック アンティークブロンズ牛革シボ」

萬勇鞄 ベーシック アンティークブロンズ牛革シボ ブルーアイリス

ベーシック アンティークブロンズ牛革シボ

シボ加工が施されているので、傷に強く、また傷がついても目立ちにくいです。アンティーク調パーツもポイント。

価格64,900円
カラーブルーアイリス
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★
主な素材牛革シボ
重量約1,400g
大マチ幅12cm

萬勇鞄ランドセルで失敗しないためにチェックしておくべき10のこと

(4)TOMMY HILFIGER「ESSENRIAL JAPAN BACKPACK」

TOMMY HILFIGER ESSENRIAL JAPAN BACKPACK

ESSENRIAL JAPAN BACKPACK

クラシカルなデザインに映えるフラッグカラーとステッチワークがおしゃれ。洗練されたファッション性のランドセル。

価格85,800円
カラーネイビー
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★
主な素材クラリーノ®・エフ
重量約1,190g
大マチ幅12.5cm

(5)TOMMY HILFIGER「トミー ヒルフィガー フラッグ」

トミー ヒルフィガー フラッグ

フラッグ

かぶせの角を落とすことで、丸っこい優しいフォルムに。ファスナーのフラッグカラーもオシャレで可愛いです。

価格89,100円
カラーネイビー
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★
主な素材人工皮革
重量約1,220g
大マチ幅12.5cm

(6)村瀬鞄行「レザーボルカ プレミアム LB968」

村瀬鞄行 レザーボルカ プレミアム LB968

レザーボルカ プレミアム LB968

高級感を感じるデザイン・カラー・質感が人気のモデル。老舗の工房ですが負担軽減や安全性などの「あたりまえ機能」が大手メーカー並みに充実しています。

価格79,000円
カラーアメジスト
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★
主な素材牛革ストロング
重量約1,490g
大マチ幅12.5cm

(7)村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ AB720」

村瀬鞄行 ボルカグレイッシュ AB720

ボルカグレイッシュ AB720

ボルカの新シリーズ。アンティークゴールドの金具や、キャメル色のステッチが上品なランドセルです。

価格68,000円
カラーラムレーズン
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★
主な素材人工皮革レザーフォート
重量約1,290g
大マチ幅12.5cm

(8)conosaki「つむもの 全かぶせ 紺藍」

conosaki つむもの 全かぶせ 紺藍

つむもの 全かぶせ 紺藍

紺藍(こない)は、少し紫を帯びた紺色。「日本の美と伝統の色」と「職人の技と繊密なこだわり」のランドセル。

価格68,000円
カラー紺藍
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★
収納力★★★★
主な素材クラリーノエフ
重量約1,270g
大マチ幅12.5cm

(9)conosaki「つむもの 半かぶせ 紺藍」

conosaki つむもの 半かぶせ 紺藍

つむもの 半かぶせ 紺藍

全かぶせモデルに角を削った特徴的なかぶせ。現代的なアレンジを加えた半かぶせランドセル。

価格68,000円
カラー紺藍
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★
収納力★★★★
主な素材クラリーノエフ
重量約1,150g
大マチ幅12.5cm

(10)スドウ「総牛革カラーランドセル ダークパープル 029」

スドウ 総牛革カラーランドセル ダークパープル 029

総牛革カラーランドセル ダークパープル 029

背あて・ベルト裏やカブセ裏、ステッチ(縫い糸)やコバ(裁断面)、背カンやファスナーの色まで自由自在のカスタマイズが可能。ただしシミュレーションできないので注文間違いには注意です。

価格65,000円
カラーダークパープル
軽く感じる★★★★★
安全機能★★★★
収納力★★★★
主な素材総牛革
重量約1,450g
大マチ幅12cm

(11)クロスターランドセル「粋(ノアール)」

クロスターランドセル 粋(ノアール)

粋(ノアール)

流行の「くすみカラー」持っているだけでオシャレ度アップ。前ポケットは大きく開く前折れタイプ。

価格89,100円
カラーネイビー
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★
主な素材人工皮革
重量約1,360g
大マチ幅12.5cm

2. アクセントカラーがパープルのランドセル 5選

(12)萬勇鞄「アーデルナイト」

萬勇鞄 アーデルナイト ブルーアイリス

アーデルナイト

ブラック基調のボディにパープルのアクセントが映えるランドセルです。ステッチも紫。

価格61,600円~70,400円
カラーブラック×パープル
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★
主な素材牛革シボ、人工皮革シボ
重量約1,250g~約1,400g
大マチ幅12cm

(13)モギカバン「ユニバーサルプレミアム」

モギカバン ユニバーサルプレミアム

ユニバーサルプレミアム

ステッチと前ポケットファスナーにパープルを採用したランドセル。傷に強いクラリーノタフロックネオ素材も嬉しいです。

価格61,600円
カラークロ/パープル
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★
主な素材クラリーノタフロックネオ(クロ系)
重量約1,240g
大マチ幅12.5cm

公式サイトよりわかりやすい!モギカバンランドセルの特徴5つと注意点3つ

(14)ララちゃん「キララ」

ララちゃん キララ

キララ

宇宙をモチーフにした大胆デザイン。外は直線を使ってかっちり格好よく、中は遊び心があってカワイイランドセル。

価格58,300円
カラーボルドー
軽く感じる★★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★★
主な素材ベルビオ・5
重量約1,350g
大マチ幅12.5cm

(15)conosaki「つむもの 鎧 青褐」

conosaki つむもの 鎧 青褐

つむもの 鎧 青褐

限りなく黒に近い深みのある藍色「青褐(あおかつ)」に、パープルの差し色。鎧モチーフだけあって、素材は傷や擦れへの耐久度を高めたクラリーノタフロックネオ。

価格76,000円
カラー青褐
軽く感じる★★★★
安全機能★★★★
収納力★★★★
主な素材クラリーノタフロックネオ
重量約1,280g
大マチ幅12.5cm

(16)ユーアンドアイ「ダンデライオン」

ユーアンドアイ ダンデライオン パープル×ワイン

ダンデライオン パープル×ワイン

大胆な色の組み合わせでインパクトは絶大。肩ベルト用にイニシャル入りの鋲プレゼントやミニランドセル、牛革キーホルダーなど、購入特典満載で価格はリーズナブルです。

価格40,500円
カラーパープル×ワイン
軽く感じる★★★★★
安全機能★★★★★
収納力★★★★★
主な素材クラリーノ
重量約1,200g
大マチ幅11cm

3. 好みのパープルランドセルが見つからないときに試してほしい3メーカー

当サイトがおすすめしているランドセルは次の3つです。

  • セイバン(天使のはね)」高機能・高性能・高品質の業界最大手。決められない人、失敗したくない人におすすめ。
  • フィットちゃん(ハシモト)」モデル・カラー・価格帯が豊富。たくさんの種類から選びたい人におすすめ。
  • キッズアミ(ナース)」テレビCMなしでも口コミで高評価。頑丈なキューブ型や大容量型を探している人におすすめ。

この3つのメーカーは残念ながら男の子用のパープルランドセルは取り扱っていませんが、「丈夫さ・軽く感じる機能・安全性・快適性・収納力」の面で、ランドセルフィッターが自信をもっておすすめできるレベルになっています。

そして何より全国各地に取扱店があるので実際に試せるということ。

どのメーカーやモデルを選ぶさいも、まずはご紹介した3メーカーと比べて良い点、悪い点を検討すると、ランドセル選びの質がグッと上がります。

最高のランドセルに出会うためのチェックリスト
PDFファイルダウンロードはこちら

  1. 軽く押して「型崩れ」しない?重要!
    ラン活チェックリスト01
    丈夫さ・頑丈さを比べるには、ランドセルを抱きかかえて少し力を加えてみよう。
  2. 内側に「金属」などがむき出しになっていない?
    ラン活チェックリスト02
    教材や指・爪が引っかかってケガしないかチェック。同時に底面を外して掃除できるかも確認しておこう。
  3. 肩ベルトや背あてなど「痛い」ところがない?
    ラン活チェックリスト03
    特にからだに直接触れる肩・腰・背中は要チェック。腕を振ったり、しゃがんだり、いろいろなポーズで試してみよう。
  4. 背あて・肩ベルトの「通気性・クッション性」は?重要!
    ラン活チェックリスト04
    小学生の通学時間(往復)の全国平均は47.3分。夏場の炎天下や、ランドセルの重量をカバーする快適性をチェック。
  5. 背中とランドセルに「すき間」はない?重要!
    ラン活チェックリスト05
    背中とランドセルの間にすき間ができる場合、軽く感じる効果はゼロだと思ってください。ベルト穴を調整して要確認。
  6. 正しい「姿勢」で背負えてる?
    ラン活チェックリスト06
    腰痛や猫背の原因にならないように、からだの線が傾いていないか、背中とランドセルの中心がそろっているかチェック。
  7. 動き回っても「ブレ」ない?
    ラン活チェックリスト07
    安定しないランドセルは重心もブレて負担増。前後左右やジャンプしてみても大丈夫かチェックしましょう。
  8. 「重り」を入れて背負ってみた?重要!
    ラン活チェックリスト08
    空っぽのランドセルを試着しても意味がありません。ペットボトルなど2Kgくらいの重りを入れて、教材が入った状況をシミュレーション。
  9. フックは「外れる」安全機能付き?
    ラン活チェックリスト09
    自転車・バイク・自動車・電車の扉…想像するだけで恐ろしい巻き込まれ事故、引きずられ事故は未然に防げます。
  10. 肩ベルトに「防犯ブザー」の取り付けはできる?
    ラン活チェックリスト10
    とっさの時に対応できるように、利き手と反対側の肩ベルトに。塾用バッグなどに付け替えるさいに、取り外しが簡単かなども確認しておこう。
  11. 前後左右に「反射材」がついてる?重要!
    ラン活チェックリスト11
    デザイン性優先で反射材が不足しているランドセルに注意。360度どの角度からでもドライバーにいち早く発見してもらおう。
  12. 「A4フラットファイル」に対応している?
    ラン活チェックリスト12
    いまどき主流のA4フラットファイル幅約23cm対応モデル。(A4クリアファイル対応モデルは、幅が狭くA4フラットが入らない場合あり)
  13. 錠前はお子様が「ロック」しやすいか?
    ラン活チェックリスト13
    錠前も各メーカー触ってみると違いがわかります。オートロック付きか、左右どちらにも回せるか、ケガ防止カバーは付いているか、などを確認。
  14. 「持ち手」ハンドルはついてる?
    ラン活チェックリスト14
    お子様は教室のロッカーにランドセルを入れるさい、持ち手がないとカブセを掴んでシワの原因に。大人にとっても持ち手ナシは不便です。
  15. 子どもが「主役」になってる?最重要!!
    ラン活チェックリスト15
    お子様にとってランドセルは小学生最初の大イベント。憧れていたお兄ちゃんお姉ちゃんになるための証でもあります。
    ぜひお子様の意見や個性を尊重して、お子様の成長を見守ってあげてくださいね。

4. まとめ

男の子ランドセル人気カラー

毎年カラフルになる女の子用ランドセルに比べ、男の子用のランドセルは「ブラック系、ネイビー/ブルー系」に人気が集中。

オシャレに敏感な女子に対して、男子には丈夫さ頑丈さが重要だと考えるパパママさんが多いのかもしれませんね。

また、一言でパープルと言っても赤紫や青紫、明るい色からダーク系まで様々です。さらにステッチカラーやコンビカラーなどのアクセントでも印象はガラリと変わります。

できるだけお子様と一緒に実物を見て、触って、背負い比べてみると、それぞれの良い点・悪い点が見えてきてランドセル選びの質がグッと上がりますよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加